肩こり解消ガイド TOP → 肩こり時の湿布の使用方法 温湿布

温湿布

温湿布は患部を直接温めるとこによって血行が良くなる効果がある湿布です。そのため、肩こりにはこの温湿布はとても効果的と言えるでしょう。温湿布を使って身体を温めることで血の流れを良くして筋肉の緊張を和らげましょう。温湿布は温かさを感じる成分が入ってます。慢性的な血行不良による「こり」の患部を温めることによって血行の流れを良くして、こりや痛みを和らげてくれる効果があります。

慢性的な肩こりの多くは、血行の悪さが原因となっています。血行を促進するために刺激を与える必要があります。そのため、冷湿布よりも温めてくれる温湿布が効果的になるのです。温湿布は薬局などですぐに購入することが出来ますが、冷湿布は置いているけど、温湿布は置いてないというお宅も少なくないと思います。

その場合は自宅で温湿布の代わりになるものを作りましょう。タオルをお湯などで温めて利用すると温湿布と同じような効果を得ることが出来ます。また、お湯で温めたタオルを患部に当てたり、蒸したタオルを患部に当てる方法もお勧めです。蒸しタオルを使用する場合は、冷めるのを遅くするためにタオルの上からラップをかけておくとさらに効果的です。

熱が籠りますので、慢性の肩こりにはにとても効果的です。入浴にも温湿布と同じような効果があります。入浴は患部だけではなく、全身の血行を良くして痛みを和らげるのに効果的です。肩こりがひどい時は出来るだけゆっくりと湯船に浸かるようにしましょう。

湿布


抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならおしゃれで機能的なsun&beach!

レンタルドレスなら
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/