肩こり解消ガイド TOP → 肩こりを引き起こす原因 加齢

加齢

加齢によって引き起こされる骨の変形も肩こりの原因の1つです。加齢は背骨にも影響を与えます。歳を取るに連れて椎間板などの関節部分の水分が失われます。椎間板はゼラチン状の物質からなり、生まれた時には約90%ものの水分を含んでいますが、年を重ねるごとにこの水分量は減っていきます。

それと同時に弾力性もなくなるため、首や肩周辺の組織に衝撃を与えて筋肉の緊張を引き起こします。この状態に外部から急激な力が加わることによって軟骨が変形してしまい、神経を圧迫して痛みを発生させるのです。これはヘルニアなどの原因にもなります。

また、年を取ると筋肉が減少していきます。筋肉が少なくなると血流が悪くなって肩こりが起こります。血流が悪くなると代謝が滞って老廃物がうまく排出されなくなります。そのため、筋肉に溜まった痛みや疲労物質によって「こり」を感じるようになるのです。

加齢によってホルモンバランスが崩れ、自律神経に支障をきたすことでも肩こりは起こります。肩こりは日本人の女性に多い症状で、年齢を重ねるごとに肩こりの症状を感じる方は多いです。加齢による肩こりの症状は、ある程度仕方のないこととも言えます。

ですが、積極的に運動を行ったりして筋肉を鍛えることである程度肩こりの症状を和らげることも出来ます。また、肩こりは若い年齢の人でも起こる症状です。人の身体は20歳を過ぎた頃から老化が始まっていると言われています。ですから、肩こりというのは加齢の人に限った症状ではありません。

肩こりを引き起こす原因


アピドラ 副作用
アピドラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!