肩こり解消ガイド TOP → 肩こりを引き起こす原因 やせている人

やせている人

肥満の人は肩こりになりやすいのですが、逆に痩せすぎている人も肩こりになりやすいと言われています。どうして痩せている人も肩こりになりやすいのでしょうか?痩せている人は筋肉が貧弱なことで肩こりを起こしやすくなるのです。痩せていると肩や首など肩甲骨周辺の筋力が弱いことが多いです。

そのため、身体の重さと筋力がアンバランスを起こし、筋肉が疲労して肩こりが起こりやすくなります。肩甲骨は、鎖骨にぶら下がっていて、肋骨の上に浮いた状態にあります。肩甲骨はとても不安定ですが、肩から腕までを全て支えなければなりません。肩から腕までの重さをしっかりと支えるには、ある程度の筋力が必要になりますが、痩せている人は筋力があまりありませんので、肩甲骨が腕の重さに引っ張られて前下方へ引き下げられてしまいます。

肩甲骨が前下方へ引き下げられることによって1番影響を受けるのが肩の筋力ですから、このような状態が続くと筋肉が疲れきってしまい肩こりが起こります。普通の人なら何ともない手や腕を使う作業であっても筋肉が弱いとかなりハードな作業になってしまいます。

そのため、筋肉に少しの緊張が加わるだけで疲労を起こして肩こりになる可能性もあります。痩せている人でも筋肉がある程度ついていれば肩こりは起こりにくくなります。痩せ型の人は、食べても太らない人が多く、体型を変えるのは難しいです。痩せていて肩こりがよく起こるという方は筋力をつけるようにしましょう。

肩こりを引き起こす原因


ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!