肩こり解消ガイド TOP → 肩こりを引き起こす原因 目の疲れ

目の疲れ

肩こりが起こる原因はたくさんありますが、目の疲れも肩こりの天敵です。目の疲れから起こる肩こりも代表的です。仕事などでパソコンを使用することが多い現代人は、知らないうちに目に負担をかけていることも少なくありません。また、眼鏡やコンタクトレンズが目に合っていなかったり、暗いところでテレビを見たりしても目に負担がかかります。

目が悪い場合は、ピントを合わせるためにかなり神経を使います。目に疲れも溜まりやすくなります。度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズでもピントを合わせるために目は神経を使います。無理にピントを合わせようとすると目の上や頭の周りにある筋肉や首筋の筋肉が緊張します。その結果、肩や筋肉も緊張を引き起こし、肩こりの原因となるのです。

実際に眼鏡やコンタクト見直したことで肩こりが治ったという人もいます。目が悪い方は矯正アイテムを1度見直してみることをお勧めします。目の疲労を抑えるためにはホットパックもお勧めです。疲れた時などにはホットパックを行うと良いでしょう。目の周りを温めて筋肉の緊張を和らげることよって血行が良くなると肩こりが和らいだり改善することがあります。

また、目薬ももちろん使用した方が良いかもしれません。目の休めることや目の疲れを取る対策を行っても目の疲れや肩こりが一向に改善しない場合は、眼精疲労を起こしている可能性があります。1度病院に行って詳しく検査してもらうことをお勧めします。

肩こりを引き起こす原因