肩こり解消ガイド TOP → かたこりの基礎知識 肩こりと眼性疲労

肩こりと眼性疲労

肩こりの大きな原因と代表的なものに目の疲れがあります。目が疲れることによって交感神経が興奮し、血管が収縮して血流が悪くなって肩こりが発生するのです。コンピュータが様々な職業で使われるようになり、これらの肩こりを感じる人が増えているのです。

仕事でデスクワークを長時間行っている方は、肩こりに悩まされている方が多いですが、目を休ませることで肩こりが良くなる方も多いです。目が疲れるという症状は、誰でもよく経験することです。ただの目の疲れのことを眼疲労と言いますが、このような症状は時間が経つと治ります。

しかし、目の疲れが治らずに身体に悪影響を及ばすことを医学的に眼精疲労と言います。眼精疲労になると肩こりだけなく、頭痛やめまいなどを伴うこともあります。また、目が充血して痛みを伴うこともあります。眼精疲労がひどくなると少しの休息だけでは目の疲れや肩こりなどの症状は治りません。

ただ単に目が疲れているだけであれば、肩こりが起こっても休息するだけで改善しますが、眼精疲労は自然に治ることはありません。目を休ませても症状が一向に改善しない場合は、眼精疲労である可能性があります。眼精疲労の疑いがある場合は、すぐに眼科に行くようにしましょう。

症状をそのまま放っておくとさらに状態が悪くなります。眼精疲労の背後には糖尿病などの身体の病気が隠れている可能性もあります。また、眼精疲労だけが原因で肩こりが起こっているのであれば、眼科で診察を受けることで肩こりなどをかなり改善することが出来ます。ただの目の疲れと軽視せずに早めに病院に行くことをお勧めします。

かたこりの基礎知識


リスモダン
リスモダンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスター印刷
同人ポスターなら目指せ最安値のディプリーズ 楽天市場店で!