肩こり解消ガイド TOP → かたこりの基礎知識 肩こりと現代社会

肩こりと現代社会

現代社会で肩こりというのは日常生活に付きものです。肩こりは誰しも一度や二度は陥る症状で、頭痛などよりも身近な症状です。日常生活の中でも「肩がこって辛い」などという会話は割と聞きます。しかし、肩こりという言葉は海外ではほとんど通用しません。肩こりは日本人特有の現代病であると言えるのです。

その原因の1つとしてコンピュータがあります。今やコンピューターを全く使わない仕事の方が少ないかもしれません。長時間のデスクワーク作業は肩にも大変負担がかかります。仕事でデスクワークをする場合は、マッサージなどを行ってもなかなか肩こりが良くならないのが現状です。

肩こりにはストレスも大きく関係していると言われています。あまり知られていませんが、ストレス性の肩こりを感じる方は年々増加しています。肩こりの人口が増えているのは、現代社会のストレスと深く関係があるという研究結果もあるほどです。

身体の体温調節や血液の循環などをコントロールしている神経のことを自律神経と言いますが、自律神経は過度のストレスを受けると乱れて血流をうまくコントロールすることが出来なくなります。その結果、肩こりなどの症状が出るようになるのです。

また、最近では女子高校生の間で肩こりが蔓延していたりもするようです。小学生でも肩こりを感じる時代とも言われているほどです。小学生などの若い時から肩こりを感じている場合は、年齢を重ねるごとにさらにひどくなることが多いと言われているので注意が必要です。

かたこりの基礎知識


透析 リハビリ
透析のリハビリなら五反田ガーデンクリニック!

金持ち父さん貧乏父さん
http://richidad-office.com/